コンビニダイエット4つのポイントとおすすめ食品※管理栄養士監修

 

コンビニは、現代生活には欠かせませんが、ダイエットに不向きだと思っていませんか?
うまく、コンビニを活用すれば、実はダイエットに最適なんです♪

 

最近では、1人分の食べきりサイズの野菜や、低糖質や低カロリー等の健康に配慮した商品も数多くあり、もう【コンビニ=不健康な食事】とは言えなくなってきました
上手くコンビニを活用する事で健康的に痩せる事が出来るようになっていると言えます

 

あなたもコンビニに対する意識を少し変えてダイエットを成功させてみませんか?

ダイエットにおすすめのコンビニ食品

 

コンビニでは、基本的には成分表示を見て選ぶのがダイエットの近道です昼食なら、500~600kcal以内に収めるようにしましょう
ご飯が多く、油もののおかずが多いお弁当ではなく単品で定食を作るイメージですね
お弁当は、ごはんが多く、少ないものでも200g、多いものだと300g程度ご飯、主菜は油を使った揚げ物や味付けの濃いものが多く、野菜が少ないものが多いです

 

主食(ごはん)、主菜(肉、魚、卵、大豆製品)、副菜(野菜、きのこ、海藻類)が揃った食事をイメージして、単品で購入すると、栄養バランスがよく、ダイエット向けの食事になります

 

まずは、しっかり野菜を取りましょう

まずは、不足しがちな野菜をしっかり摂るためにサラダを、費用を抑えるのであればカット野菜を購入しましょう
野菜は、血糖値の急激な上昇を抑える効果や腹持ちをよくする食物繊維、3大栄養素(糖質や脂質、たんぱく質)の代謝を促すビタミンや、ミネラルを含むので、毎食しっかり取るようにしたい食材です

肉やシーフード入りサラダもお勧め

今、流行の「パワーサラダ」のようにしっかり肉やシーフード、卵などの主食と、野菜やきのこ、海藻の副菜が一緒になったサラダを1品取り入れると、一気に「副菜」も「主菜」も摂ることができます

サラダ以外にもお浸しや、胡麻和えも

もちろん、副菜は、サラダ以外にも、野菜炒めやお浸し、胡麻和えを選んでもOKです
その際は、主菜にパウチの「鮭の塩焼き」や「ほっけの塩焼き」、缶詰の鯖の水煮等を活用してもよいでしょう

主食も適量食べよう

次に、「主食」です糖質制限が流行しているので、主食なしでダイエットする、主食を適量とることで、腹持ちもよく、ダイエットでなりがちな便秘を防ぐことができます
主食は、おにぎり1個分程度が適量になります具材はマヨネーズを使用していない鮭や昆布等を選びましょう
また、コンビニには、糖質制限ブームで、人気に火が付いた「ブランパン」があるので、糖質の量を抑えられるのでうまく取り入れてもよいでしょう

管理栄養士がコンビニで献立を考えるとこんな感じ

 

朝食:ブランパン、蒸し鶏と緑野菜のサラダ、豆乳(LOWSON)
http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1312347_1996.html
http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1329779_1996.html
昼食: たっぷりハムと野菜のサンドイッチ
トマトとクリームチーズのサラダ
http://www.sej.co.jp/i/item/17010005032800.html?category=334&page=1
http://www.sej.co.jp/i/item/20010010411700.html?category=304&page=1
夕食:おにぎり(鮭)、豚しゃぶサラダ、海苔の味噌汁(セブンイレブン)
http://www.sej.co.jp/i/item/10020004270600.html?category=358&page=1
http://www.sej.co.jp/i/item/20010010372600.html?category=304&page=1
おにぎりは、鮭や昆布等のマヨネーズを使用しないものを選ぶのがエネルギーダウンのポイントです

コンビニダイエットの問題点

 

コンビニダイエットは良い事ばかりではありません
問題点として、第一に挙げられるのは費用が多くかかってしまうことです
また、栄養面でも、衛生面がしっかりしている分、水溶性のビタミン等の栄養素の損失が気になります

コンビニダイエットのメリット、デメリットまとめ

メリット

  • 手軽に始められる
  • 自炊をしなくて済むので、時短、材料のロスがない
  • 成分表示があるので、カロリーが一発で分かる

デメリット

  • 栄養面を考えると意外と費用がかかる
  • 売り切れているとどうする?
  • 他の商品の誘惑が多い
  • 単品だけになると、栄養不足になりゲッソリ痩せする可能性が高くなる
  • 栄養素の損失がある可能性

手軽にダイエットをするならコンビニよりもダイエットシェイクやスムージーがおすすめ?

手軽にダイエットをするなら、コンビ二を活用するのもよいのですが、しっかり栄養を考えてたべると、費用がかかってしまいます
その点、ダイエットシェイクやスムージーは、1食分でしっかり栄養素が整ったものが多いので、実はコスパが良いのです
また、コンビニ食とは違い、買いだめができるので、毎食しっかりダイエットを意識した食事をとることができます
また、コンビニ食は、水溶性ビタミンやミネラルの流出が気になりますが、ダイエットシェイクやスムージーはきちんと表示通りのビタミンやミネラルの摂取ができるので、ダイエットでもしっかりビタミンやミネラルを摂ることができます

まとめ

 

コンビニの食事は、成分表示がしっかりいてあるので、しっかり食べるものを選ぶことで、ダイエットの味方になります
しかし、更に手軽にダイエットを始められ、ビタミンやミネラルの不足が心配ない点では、ダイエットシェイクやスムージーを取り入れるのがベストです
これから夏に向けて、きれいにダイエットができるようにダイエットシェイクやスムージーを使ってみませんか?